応募条件に合わなくても応募できる人

 

30代で転職を考える人は、自分が就職希望の企業側が求める応募条件に適しているかどうか判断してから応募するようにしましょう。
企業側は、より多くの良い人材を募集したいと思っていることがほとんどなので、あまり応募条件を定めていないところがほとんどです。
応募条件を定める理由には、それなりの企業側の要望があったり任せる仕事内容が特殊な場合などがありますから、あまりにも応募条件に適さない人は書類選考で落とされてしまう可能性が高いでしょう。
応募条件の中で一番多いものには、年齢制限があると思います。
たとえば、管理職を探している企業は、経験が浅い20代の人を求めるよりも30代以降の人を応募条件に指定していることがあります。
他には、病院や法律事務所などの特殊な会社では、医療資格や会計資格などを所有している人を条件に募集していることもあります。
これらの募集条件に全く合っていないのに応募することは無謀ですし、もし採用されたとしてもうまく仕事ができないので辞めざるを得ないことになってしまうかもしれません。
しかし、資格がなくても実務経験を持っていたり、制限されている年齢が5歳程度しか離れていない場合には応募する資格があると思います。
企業が定めた条件はきっちり決められたわけではなく、ある程度条件に合っていなくても実際に一緒に働きたいと思える人材は採用されることがあります。


このページの先頭へ戻る