面接をクリアするための心構えと準備

 

応募書類を送って見事書類選考に通ることができれば、次は面接や筆記試験があります。
面接は直接人事担当者や雇主と面談することになりますからかなり緊張しますし不安になると思います。
質問されても正当な答えをしなければいけないと思っているかもしれませんが、面接官は、実は回答内容よりも態度や話し方を見て人を判断していることが多いのです。
自己アピールをすることは大切なのですが、質問の回答はみんな同じようなことを言うため、態度が重要視されます。
はきはきと目をみて話すことができるか、そわそわしていないか、姿勢はよいかなどが見られますから、もしわからない質問をされても当てずっぽうに答えるのではなく、はっきりと分からないと伝える方が好印象なのです。
面接には、必ず時間よりも早く到着しましょう。
時間を守ることは社会人としても、実際に入社しても当たり前のことです。
また、想定される質問をピックアップして事前に回答を考えておくことで、緊張をほぐすことができますから、面接までにある程度自分のことについて整理をしておきましょう。
表情を作ることも大切ですから、なるべく自然な笑顔を心がけて豊かな表情作りをしましょう。
自信を持ち、今までの経験や知識、自分の持っている強みなどを面接官に伝えきることで面接をクリアすることができると思います。


このページの先頭へ戻る