応募書類で左右されること

 

社員募集している会社では、まず書類選考をするところが多くみられます。
応募人数が多く予想される場合には、応募書類で選考し、会社にとって必要な学歴や資格、経験などを持っている人が面接を受けることができるのです。
その後は面接、筆記試験、プレゼンなどで都度選考され、最終的に残った人が内定をもらえるようになります。
内定までの道のりは長く厳しいものになるでしょうが、まずはこの書類選考に合格しなければなにも始まりません。
書類選考に必要な応募書類には、履歴書と職務経歴書があります。
履歴書を記入したことがある人は多いと思いますが、履歴書には自分の学歴、職歴、趣味や特技、所持している資格などを記入して、自分のことを企業に簡単に伝えるものとして利用されます。
職務経歴書は、職歴の詳細や実際に自分が経験してきたことを細かくまとめる書類です。
提出の必要が無い企業もありますが職務経歴書と似たような書類を作成するように依頼されることもありますから、普段から職歴を整理したり自分で職務経歴書を作成しておくとよいでしょう。
誤字脱字はもちろん、きちんとした日本語を使用して作成することは常識です。
最近はパソコンで作成した履歴書でも採用されることもあるようですが、なるべくはペンによる手書きでミスなく仕上げることが、転職に対しての真剣な気持ちを伝えることができると思います。
自分だけの応募書類を作成して他の人と差がでる内容に工夫することで、人事の方の目に止まって次のステップに進むことができるでしょう。


このページの先頭へ戻る