転職で失敗しないための予防

 

30代で転職するのにはいろいろな理由があるでしょうし、転職先で自分の能力を発揮させることを目標にしたり、新しい職場で心機一転する気持ちで転職活動をしていると思います。
しかし、30代は20代に比べると転職率が落ちてしまいますから、何度も転職を繰り返すことは難しくなります。
そのためには失敗しない転職をしなければいけませんが、実際に入社して働いてみなければ自分に合った職場や仕事内容なのかどうか分かりませんよね。
面接時や採用時に聞いていた仕事内容とは全く異なっていた場合や、自分の希望する仕事に就けなかった場合には不満がでてきますから転職を失敗したと思うことになるかもしれません。
また、どんなによいポストを与えてもらっていても会社の業績が悪いために約束の給料が支払われなかったり、会社の規定が厳しすぎて離職する人が後をたたないために穴埋めの仕事に追われて多忙になることなど、様々な理由で失敗したと思うかも知れません。
転職後に知ることや実感することは仕方がないとしても、転職前にできるだけ情報収集をして失敗を予防することも大切です。
たとえば、会社の業績状況、社内の雰囲気や離職率、社内の管理職の人数などは重要な情報です。
また、求人情報やハローワークでいつも募集がかけられている企業は、厳しい仕事内容で続かない人が多いかもしれませんね。
企業の情報が詰まった四季報を参考にすることで、転職希望の会社について情報を得ることができますので活用してみてください。


このページの先頭へ戻る