30代転職活動の疑問や不安

 

30代で転職をすることには不安や疑問があると思います。
初めて転職を考えている場合には、転職先への期待と不安が大きくなるものです。
実際に転職を経験した人によれば、転職をしてハンデや負い目を感じることがあった人は全体の30%程度いるようです。
転職先では上司や同僚が自分よりも若い人になることもありますし、新入社員扱いをされることで雑用なども任される場合もあるため、現実と理想が大きくかけはなれた結果になるようです。
不安が募りますが、7割の人は満足していたりハンデを感じないと思っていますので自信を持って新しい会社で頑張ってほしいと思います。
また、転職する人が転職を決めた先の企業にはどのような魅力があったのかという質問には、「仕事内容について」という回答が多いようです。
自分がしたい仕事内容をすることはやりがいにつながりますし、毎日行う仕事ですから好きな仕事をしていたいものです。
30代での転職は20代の若い人たちに紛れて行われますから不利な場面もでてくるかもしれませんが、30代だからこそアピールできるポイント、たとえば責任能力やスキルなどをしっかりと持つことで内定を取れることになるでしょう。
不安や疑問が出てしまったら、実際に転職した経験のある知人などに相談してみるといいかもしれませんね。


このページの先頭へ戻る