「転職情報誌」を活用して転職活動をする

 

転職する企業を探す場合には、「転職情報雑誌」を参考にしている人も多いのではないでしょうか。
駅前やコンビニなどに設置している求人誌や、書店に安値で販売されている情報誌などがあげられますが、雑誌であることが共通点です。
転職情報誌は地域によって中身が違いますから、地域密着型の企業などの求人が記載されていることが多いようです。
無料のものが多いので手に取りやすく、持ち運びできるのでどこでも空いた時間に仕事を探すことができるのがメリットです。
しかし、インターネットの求人サイトやハローワークでの求人情報に比べると、求人率はかなり低いものです。
最近ではアルバイトやパートの求人情報の方がメインになりつつあるかもしれません。
たくさんの選択肢が欲しい場合にはインターネットやハローワークで求人検索をしてみるとよいでしょうが、地元に根付いた会社や自宅から通勤ができやすい会社を優先して探しているのであれば転職情報誌の情報は役立つことと思います。
また、週に一度新しい情報誌になることも求人情報が更新されるので利用されやすいメリットといえます。
ただし、無料でどこでも手に入れやすいことから、転職情報誌による転職希望者が多く、倍率が高いこともあるようですから、地元の企業だから倍率は低いと考えるのは間違いです。
これらの求人情報をうまく活用して、たくさん選択肢を広げてほしいと思います。


このページの先頭へ戻る