30代の転職に有利な資格

 

30代で転職活動を始めるには、それまでの経験やスキルなどを考慮されることが多いのですが資格を持っていることで証明することができます。
たとえば、どんなにパソコンの知識があったりパソコン実務の経験があったとしても面接や経歴書だけでは企業の採用側にうまく伝わらないと思います。
そこでパソコンに関する資格を所持していることを伝えることで、自分のパソコンに関するスキルがどの程度のものなのか分かってもらうことができるのです。
最近の就職や転職ではパソコンの基本操作程度ができることは大前提ですので、他の人と差をつけるためにもたくさんの資格を持つことや特殊な資格を所持することで目立つことができると思います。
パソコンの知識や資格だけではなく、TOEICの資格も有効です。
TOEICは取得点数で英語力が判断されるものですが、社会人として役立つ英会話レベルが基準となりますので英語検定を持つことよりも格段に優遇されます。
しかし、TOEICは数年前の取得点数は無効に考えられる場合がありますので、毎年受けて点数を更新しておくことがいいと思います。
このように、資格を持つことは転職活動の一環として考えられており、資格を取るために会社帰りに専門学校に行ったり通信教育をしている人も多いようです。
他にも人事関係や経理関係の資格、宅建業や税理士など職種に分かれた特殊資格、国家資格などさまざまなものがあります。
今、それほど資格は転職の際に役立つということです。


このページの先頭へ戻る