30代の転職市場の傾向

 

昔は転職すること自体があまりいいイメージを持たれておらず、自分の希望通りの仕事に就けなかった場合にも勤め続けることが一般的でした。
転職は責任感がないとみなされがちで、仮に転職をしても現職よりもよい待遇になることはほとんどなかったようです。
最近は、自分の持っている能力やスキルをもっと活用したいと思う人が増え、転職に対して偏見を持つ人は少なくなってきていますから、転職自体はメリットがあることだと認識されつつあります。
特に30代は転職を多く考える時期でもあり、社会人として自信を持ち始めもっとスキルアップしたいという希望や理想を持つ年代でもあります。
転職サイトや転職支援機関も増加している今の世の中が、転職しやすい環境を作っていることも転職者を増加させる一因になっているのでしょう。
また、30代の転職が多い理由の一つには、企業側が就職氷河期に採用を控えていたことから、ちょうど30代の年齢層が人材不足であることも挙げられます。
このようなことから、30代の転職市場ではその求人数が増加傾向にあるといえます。
30代の転職希望者に求められることは、即戦力と管理能力がありますから、新たな会社で自分が重要な仕事を任される可能性があると思っておくべきです。


このページの先頭へ戻る