企業に求められる30代の転職

 

中途採用を募集している企業が30代を求める理由は、30代にしか期待できないことがあるためです。
一般的に、社会人となって人材教育を終了するまでには約10年かかると考えられています。
20代前半や新卒では仕事経験がほとんど無いため、責任能力や社会人としての一般常識などの欠如が多少あっても仕方がありませんが、採用される理由には若いエネルギーでフレッシュさを求められことや、これから会社色に染めて長い将来に期待できるためなどがあるでしょう。
反面、30代の転職者にはフレッシュさなどは求められておらず、人材教育が終了されていることを前提にして、今までの経験を活かした即戦力として採用されることが多いのです。
また、採用してから短い時間で管理業務を任せられることや、今までの経験や知識を元に自分で考えて責任を持った行動ができることなどが30代の転職者には期待されています。
指示されてその通りに動くことができる能力だけではなく、自分で解決したり自分で責任を取ることができる能力が問われることになると思います。
転職活動にはそういった企業側の希望を知った上で、自分をうまくアプローチしていくことが大切です。
自分が企業に就職することで、どういった活躍ができるのかというポイントをうまく伝えられるように工夫してみましょう。


このページの先頭へ戻る