海外勤務を希望する転職

 

30代になると自分の今までのキャリアを試してみたくなったり、視野を広げた仕事や出会いをしたいと思ったりするようになるため、海外に興味が湧く人もいると思います。
もともと海外勤務が希望だったにも関わらず、今の職場には海外赴任制度が設けられていなかったり、赴任希望が通らないため日本で頑張っている人もいるでしょう。
そんな人たちは、転職をすることで海外での活躍を実現させるためにも、まずは海外に関与している会社を選んで転職活動をしましょう。
海外に関与している会社には外資系の企業があげられます。
常に海外とやり取りをしていますから、現地で仕事をすることも可能になるでしょう。
しかし、せっかく入社しても自分の希望通りに行かずに国内での仕事がメインになることもあるでしょうから、面接時や応募時には採用後の仕事内容を確認しておくべきだと思います。
また、海外企業の日本進出は増加していますから、海外企業にも目を向けてみましょう。
仕事は日本の支店での業務が中心になるかもしれませんが海外赴任のチャンスもたくさんあります。
しかし、外国人が日本人を雇ってわざわざ外国で仕事させることは強いメリットがなければほとんどありませんから、英語が堪能であることはもちろん、自己アピールができる自分を作ることも大切です。


このページの先頭へ戻る