30代女性の転職活動

 

30代で転職をする人は男性だけではありません。
女性の社会への進出に伴って、男性と対等にキャリアを積み上げてきている女性は多く、特に女性ならではの気配りや細かさが評価されて昇進している人もたくさんいます。
そして、もっとキャリアの幅を広げたり、年収を上げることややりがいを見つけたいなどの目的を定めて転職活動している人もいるのです。
企業側が求める人材に性別は関係ありませんから、即戦力になる人や管理職に適している人なら転職することが可能でしょう。
しかし、30代の女性というと、子供がいる家庭では子育てが一番忙しい時期でもあります。
子供を育てながら家庭の仕事もこなし、仕事と両立させることはかなりの体力と能力が必要になります。
今まで慣れている仕事ですと産休からの職場復帰も楽に感じるかもしれませんが、転職をして一から仕事を覚えることはかなり負担になりますし、小さい子供がいる家庭は子供の都合で急な休みも多く発生するために採用を避ける企業もあるのです。
せっかく仕事に対する意欲や能力があっても、子供を育てながら仕事をすることが難しくなることは残念なことですね。
まずは、勤務中は子供をしっかり預けられることや、家族に支えてもらえる環境を整えた上で転職活動に臨むことが、企業にとっても安心して採用できるポイントになるかもしれません。


このページの先頭へ戻る