転職で変化が起こる年収

 

30代まで同じ職場で仕事をし続けていると、年齢給が毎年上がったり評価されることで基本給に手当てが上乗せされることなどにより年収が高くなっていくものだと思います。
入社当初や後輩と比べるとある程度年収は高くなっていると思いますし、30代になると自分が会社に貢献する仕事量や立場が変わってくることから給料も比例して見合ったものになるからでしょう。
しかし、30代の平均年収が自分の年収よりも高い場合には不満を感じることになるでしょうし、同じ仕事をするのであれば年収が高い方がいいと思って転職を目指す人も多いようです。

 

実際に30代で転職した人の年収の移行を見てみると、実は変化がないかそれまでよりも下がっていることが分かっています。
その理由には、試用期間の給料が正社員との給料規定と差があることや、初年度はボーナスが出ない企業などがあること、転職をしても年齢に関係なく初めは新入社員扱いされるなど、会社の規定によって給料体系が違うためです。
しかし、将来出世の見込みがある会社に転職することでどんどん年収があがっていくと思いますから、目先のことだけを見るのではなく、会社に貢献して成果を上げることで年収も上がるように期待することができると思います。
最近は年功序列ではなく、成果主義の会社が増えてきているので、自分の能力をアピールできる仕事ぶりをして年収アップしていきたいですね。


このページの先頭へ戻る