30代後半の転職希望者

 

30代後半の人が転職活動をすることは、30代前半や20代の転職希望者と比べるとかなり厳しいものになると思います。
30代後半の年齢は、一般的には会社の中である程度の仕事を任されている年齢ですし、それなりの年収もあるはずです。
また、家庭を持っていたりある程度の人生設計も始まっている時期ですから、そのような環境の中で転職を考えている人の理由によっては採用されない場合もあるのです。

 

企業側が求める人材には管理業務のような仕事を期待していると考えられます。
若い人材は即戦力が求められますが、ある程度年齢が高い人は社会経験が長く指導する立場になる人が多いため、30代後半の転職希望者には今までの経験や知識を活かしてリーダー的役割を任されるのです。

 

年齢制限がない募集もたくさんあるのですが、企業側が求めている人材について適していない人は採用されません。
反対に、年齢条件に当てはまらなくても他の応募資格をクリアしていれば採用される可能性があるということです。
企業によっては30代後半というだけで自分の中身を知ろうともせずに落とされてしまうこともあると思いますが、全ての会社が年齢だけを重視して採用しないわけではありません。
強い意志と覚悟、今までの経験に自信を持って転職活動をしてほしいと思います。


このページの先頭へ戻る