募集年齢の制限

 

企業が中途採用を募集している要項に、「35歳までの方」と採用の年齢制限していることがよくあります。
これは、「厳密に35歳以上は採用しない」ということではなくおおまかな意味で指定していると考えられるのですが、就職希望をしている人にとっては「35歳以下だとしても若い人を優先に採用する企業なのか」と勘違いして応募することに躊躇してしまうかもしれませんね。
30代というのは、今まで自分が経験してきたことやスキルを活かせる即戦力が多くいる年代でもありますし、また、責任能力がある年齢でもあるので管理能力を持っている年代ともいえます。
どのような仕事でも任すことのできる年代といえますが、採用側と応募側の意思が違うことでこの年齢制限が設けられるのでしょう。
つまり、企業側で即戦力が欲しい場合には、管理能力がある人よりも現場などで即戦力がある人を望むために年齢制限をしていることがあるのです。
反対に、職場のリーダーや管理職を募集する際には20代では心もとないと考える企業が多くありますから、「35歳以上の方」と明記されているところもあります。
職種や仕事内容によって年齢が規定される企業もあると思いますが、実際に応募年齢に当てはまらなくても面接のチャンスはありますし採用されることもあります。
応募年齢とあまりにもかけ離れている場合を除いては、年齢についてあまり深刻にならない方がいいかもしれません。


このページの先頭へ戻る